学力をつける学級経営(2) MEMBER

2016年02月18日 10時00分

成果は小さくても大きな努力ができる子を育てたい」と語る山中先生  前回山中先生は、ドリル学習を考える際には「小さな成果でも努力が続けられる子供を育てる」という意識を持ちたい、というお話をされました。今回は、「では、どうしたらそのような子を育てることができるのか」という視点でお話しいただきました。
 山中先生は、マインドマップを開発したトニー・ブザン氏によるTEFCAS思考法を紹介しながら説明してくれました。
続きはログインしてご覧下さい
本記事は掲載後1か月を経過しましたので、お試し会員の方にはご覧いただけません

この記事を読んだ方におすすめ

この記事を読んだ方におすすめをもっと見る


Twitter